Takaéの作品ができるまで

Takaéの作品は、全て手作業で一つひとつ作られ、お送りしています。ちょっとした大長編になってしまいますが…こだわりと愛情を込めてお作りしている作品たち、毎月お届けしている定期便が、どのようにして作られているのか、ご紹介致しますね!

”今月は、
どんなデザインにしようかな”

1. デザインの洗い出し

定期便のためのアイディアを出していきます。音楽だったり、歌詞(言葉のもつ力)だったり、ふと惹きつけられた風景だったり…。心に浮かぶイメージを、なるべくたくさん書き出して、そこから要素を削って最終的なデザインを決めていきます。

”アイディアを
絵に起こして”

2. 作画

水彩絵の具、アクリルガッシュ、色鉛筆、ペン、墨…。頭に浮かぶ理想の形に近づけるために試行錯誤して画(え)に起こしていきます。

”アナログ✖️デジタルが肝”

3. スキャン・取り込み

以前はプロ向け単機能スキャナーを使っていましたが、PCを新調したことにより使えなくなってしまい…(機能的には問題なかったので残念!)最近は自宅目の前にある、コンビニのスキャナーを愛用させてもらっています。笑

”知ってる?実物とパソコンでは
色が変わっちゃうんです”

4. PCで色調・明度等の細部を調整

スキャナーを通し、PCに取り込むと、どうしても実物とは違うな〜っという差異が出てきます。そこで一工夫!画像編集ソフトPhotoshopを使って色味や明るさを調整し、印刷に生えるようにしていきます。

”技あり!デザインによって、
この部分の工程は変えています”

5.印刷

実は、その月の出会いによって、2種類のプラ板を使い分けています。

①背景を透明にしたい場合には、PCの画像を紙に印刷して出し、除光液を使って紙からプラ板に転写させていきます。

 

背景が半透明でも良い場合、プリンターから直接印刷できる、特殊プラバンに印刷します。

日々、より良い技術や材料に出会えるように、試しては改善し…を繰り返しています。

”数ミリで
雰囲気が変わってしまう”

6. 切り取り

画(え)の転写が済んだら、プラ板を切っていきます。大体、原寸の40%ほどに縮むので、事前に大体の大きさは計算しておきます。

”我が家のトースターが
変な場所にあるのは、
【制作用】だから。笑”

7.プラバンを縮める

トースターを温めておき、クッキングペーパーに載せたプラバンをIN!ものの数秒で縮んでいきます。取り出したら、厚みのある本に挟んで整形。熱いうちでないと固まってしまうので、スピード勝負

”一つひとつ
手作業で着彩をしています”

8.耐水性のアクリルガッシュで着彩

この時点では、プラバン(に転写された)画は半透明の状態です。デザインに合わせて色味をはっきりさせたり、淡いまま残したり…。必要な色を置いていきます。

”時間はかかるけれど
2度塗りは必須です”

9.レジンを盛っていく

どろっとしたレジンは、UVライトを照射することで硬化します。そして一度に盛りすぎると、かなりの確率で液が垂れて大変なことになります。笑 欲張りすぎずに、2度、3度と重ねることでぷっくりと可愛らしく仕上がります。

 

 

”ここへ来て
変更することも…”

10.金具をつける

デザインに合わせて金具を取り付けていきます。が、実際に合わせてみてパーツを変更することも。特に耳に触れる部分のパーツは、劣化&アレルギー発症の少ないGoldfilled(K14金)を使い、十分に気をつけながら、デザイン性も追求しています。

”作品が仕上がりました!”

11.完成!

形、色味、状態を確認して、完成です^^

”ラッピングは、
作品を飾る額のようなもの”

12.ラッピング

台紙にどんな柄を選ぶかは、作品の雰囲気を支える要。お送りするデザインによって、毎回変わります。作品に加えて、こちらも封を切るまでのお楽しみ♪

”きちんと、
無事に送り届けられるように”

13.梱包

作品はとってもデリケート。万一に備えて梱包をしていきます。水気にやられないようにラッピング用ビニール袋に入れ、緩衝材で包みます。(更なる保護の為、ボックスでのお届けをご要望の場合はお問い合わせから)

 

”今月の新作はどうかな?
お楽しみいただけますように”

14.発送

Takaéの作品は、郵便でのお届けです。丁寧にお包みしたあとは、封筒に入れて近くの郵便局へ持って行きます。今月も、お届け便をポストに見つけたお客さまが、笑顔になってくださいますように…。

 

 

定期便をご利用いただいている皆さま、いつもありがとうございます。毎月のお届けは、日々を彩るお手伝いになっていますでしょうか。

忙しい毎日、ふと立ち止まる時間ってなかなか取れないもの。仕事に、ご家庭に、と季節を振り返ることもないまま、走り続けている方も多いのではないでしょうか。

定期便では、春・夏・秋・冬と、1か月毎に刻々と変わっていく季節を、作品にしています。ポストに届いた作品から、どうぞ四季折々の息吹を感じてくださいね。

あなたにお会いできるのを、楽しみにしています。