Takaéの作品

あじさいの花言葉は…良くない!?迂闊に作品にしない理由

お得にアクセサリーを買うには、こちら
☟ ☟ ☟
Takae's メールレター
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

6月のジメジメとした時期、髪はクルクル、湿気でベットリ、あまり気分の良いものじゃありませんよね。梅雨に負けないストレートヘアのお姉さんが羨ましくなる季節です。笑

そんな雨の季節、花をモチーフに作品を作るとしたら「紫陽花(アジサイ)」一択ではないでしょうか。でも、Takaéはこの花、モチーフとして扱うには要注意だと思っています!今日は、私が6月に作ったアジサイの作品と、その時に気をつけたことについてお話していきます^^

紫陽花の花言葉は、決して良いものではない!?

6月を代表する花、あじさい。今はたくさんの種類がありますよね。青、紫、赤、ピンク、白…、雨のイメージもあってか、青みがかったものがよく商品化されているように思います。

でも、そんなあじさいの花言葉、実はそんなに良いものでもないんです!もちろん良いものもあるのですが、どんなものがあるのでしょうか。。。こちらをご覧ください☟

アガるあじさいの花言葉

・元気な女性(ピンクのあじさい)

・家族だんらん、家族の結びつき、和気あいあい

・辛抱強い愛情

うんうん、ヨーロッパでは(土はアルカリ性が主なので)あじさいと言えばピンク!で”元気な女性”というのもうなづけるし、便宜上、花、花、と呼んでいる紫陽花のガクの部分がたくさん集まっていることから”家族の結びつき”というのも納得です。雨の時期をジッと耐えるその姿は、辛抱強さそのもの。うん、分かる。

からの…

マイナスのあじさいの花言葉

・浮気、移り気

・あなたは美しいが、冷淡だ

・高慢、無情

ひいいぃいぃぃぃぃぃ!!!!!!!!

いやね、これもね、分かる、分かるんですよ?あじさいは長い時間をかけて、時期によって色が少しずつ変わっていったり、土地の質(酸性かアルカリ性か)によって花の色が変わるという特徴をもった花。だから、こういう花言葉になったのだということは十分に分かるんです。でも、これを作品にする、となったら話は別なんですよ。

そんなの関係ねぇ!と言えたら良いのですが、Takaéは作品にしてお客様に身につけていただく以上、モチーフがハッキリしている場合には、どうしても言葉のもつイメージもポジティブなものをお送りしたいと思っています。(こだわりすぎ?)

そんな私が、これなら…!と選んだのが”白アジサイ”です。

Takaéが、白アジサイに込めた思い

あじさい、という大きなくくりでの花言葉があったように、実はそれぞれの花の色によっても花言葉は変わります。先ほども出てきた、ピンクのあじさい☞元気な女性、だったり、青系のあじさい☞冷淡、無情、高慢、あなたは美しいがモニョモニョ…みたいな感じです。

せっかくの6月だから、モチーフに紫陽花を使いたいのに、ピンクは正直日本の梅雨のイメージじゃない!でも、知ってしまったからには青系の紫陽花は使いたくない…。このまま万事休すか…!?と思っていたところで見つけたのが、白紫陽花でした。

その花言葉は『寛容』。

ゆっくりと変化する花を、刻々と移りゆく時間を、全て受け入れる「白」。

ジトジト身体中にまとわりつくような季節に、ぴったりだと思いました。こんな時期だからこそ、心を大きくもって、こんな風でありたいと。早速白の紫陽花を購入し、するりとした白を眺めながら絵筆を動かして、デザインしたのがこの作品です。

紫陽花をモチーフにする時に気をつけたこと、まとめ

アジサイは元々、ヨーロッパから来た花だと言われています。英語名はhydrangea(ハイドレンジア)。ちょっと覚えづらいですが、実はこれ、脱水症状を表すDehydration(ディハイドレーション)と繋がっているんだろうな〜なんて、勝手に考察してみたり。

というのも、hydrangea(アジサイ)はギリシア語由来で『水の器』という意味をもっているんだそうで。水の器…雨の時期に咲く花にピッタリで、なんだか素敵ですね^^

ということで、あじさいモチーフの作品を作った時のこだわりについてお話してきました。今後、制作をされる際の参考になったら幸いです♡

それでは、また♪

 

Takaé

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

\どうやって作っているの?/
【制作の裏側】
ここだけの
お得な情報…♪
☟ ☟ ☟